高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

発酵こう房「日和や」開店へむけて

2018年9月の開業に向けて準備中 

開業日誌と「高加水パン」のことについて綴っていきます。

 

 

ただいま、起業準備中。


主婦歴20年、先が見えてきたの大急ぎでやりたいことをやろうと思います。

よろしくお願いします。

 

まずはできることからと、自宅で「高加水パン」を注文で作り始めます。

20年間、いろいろなパンを作ってきました。

そして、辿り着いたのが、「高加水パン」です。

水分を多く含んだパンは、口どけがなめらか。


はじめて作って食べた時、「これは、なに?」


と驚きました。

以来、試行錯誤を重ねて、ようやく他の方におすそ分けできるパンになったと自負しています。

 


開業経過とともにご覧いただければうれしいです。

2018年6月「発酵こう房 日和や」開店の予定です。

 

f:id:hiyoriya-azu:20170903213044j:plain

まずは、高加水パンについて。

高加水パンとは、明確な定義があるのかははっきりしませんが、水分量を多くして焼いたパンのことです。

 

概ね、粉の量の70%以上のパンをいう…と思います。(ちゃんと調ておきます)

 

写真のように気泡が全体にほどよく入ります。

 

白い部分がそれはもっちりとして美味しい!

 

おかずに合う、口どけがいい、一度食べたら止められない、そんなパンです。

 

きょうはこの辺で。

 

お読みいただきありがとうございます。