高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

高加水パン~厚切りで食べる

自称パンオタクのOさんとおはなしする機会がありました。

勝ってに師と仰ぐ志賀勝栄シェフにも、直接お会いしておはなししたこともあるそうです。

 

彼女に高加水パンを試食してもらったところ、

 

すごくおいしい

 

といっていただき、ちょっと自信を深めたところです。

f:id:hiyoriya-azu:20170905000409j:plain

 

厚く切ったつもりでしたが、もっと厚めでもよかったかな。

 

でも食べごたえは十分!

 

グリルで3分、発酵バタークリームチーズで。

 

パリッとしたクラスト、厚くなって十分な量のクラムが口の中に拡がります。

 

味わい深く、でもすっと消えていくクラムの存在は、高加水パンならでは。

 

志賀さんについてはまた。

 

きょうはこの辺で。

 

お読みいただきありがとうございます。