高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」開業日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開く予定。その様子を綴ります

高加水パン ~ グラハム粉入りで焼く

以前お菓子を焼こうと購入していたグラハム粉があったので、粉の10%入れてみました。

 

総量600gの大型の食パン。

 

水分は75%。

 

低温発酵 14時間。常温で2次発酵 3時間。

 

f:id:hiyoriya-azu:20170912215017j:plain

 

600gはかなりずっしりとしたパンになります。

皮もほどよい厚さでたべやすい。

 

f:id:hiyoriya-azu:20170912215028j:plain

 

生地が重くなったので、うまくいくかしら、と思いましたが、うまくいきました。

 

香ばしい香り、いつもより気泡が細かく、密度のある中味部分が薄茶色です。

 

ちょっと色づいて何だか、きゅっとしまった感じのパンになっています。

 

食べると、モチッと変わらず口どけの良いパンに仕上がっていました。

 

なんど食べてもおいしい。

f:id:hiyoriya-azu:20170912215243j:plain

スクランブルエッグは生クリームをフライパンに大さじ2ほど、そこへ卵と塩麹で塩味をプラスしたもの。

 

火は弱火、マドラーでかき混ぜながらつくります。

 

このスクランブルエッグ、絶品です。

 

 

某ホテルのシェフのやり方、のはず…

 

 

そういえば、頼まれた友人へのパンは、気に入っていただけたようです。

よかったです。

 

 

お読みいただきありがとうございます。