高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

高加水パン ~ お気に入りの食べかた

食べ方をちょっとまとめてみました。

 

いつも定番で食べるのは、軽く焼いて発酵バターをのせて(塗るではない)食べます。

 

焼くのは、グリルがおススメです。

妹はトースターで焼いていつも高加水パンを、

「おいしいけどちょっと固い」

といってました。グリルで焼くようになったら

「おいしい!」

ほどよく焼けたようです。

 

家によって火の具合も違いますが、やや弱火で2~3分。

冷凍したパンもフワフワに焼きあがります。

 

高~いトースター(バルミューダとか)ならうまく焼けるのかな、いつか試してみたい。

 

焼き色やゴゲ具合もグリルの方が美味しそうになります。

 

f:id:hiyoriya-azu:20170905000409j:plain

バターをのせて

 

クリームチーズに生ハムをのせるのは、高加水パンを作るようになって食べるようになりました。

生ハムとクリームチーズの強さに負けない高加水パンだからこその美味しさ!

 

f:id:hiyoriya-azu:20170907223945j:plain

生ハムは高加水パンを食べるようになって常備

スクランブルエッグをつけながら食べることも。

卵に塩麹少々入れ、フライパンに生クリームを卵1個に大さじ1弱(お好みですが少なすぎるのは×)を入れ、弱火にかけます。

クリームが湧いてきたら、泡立て器でかき混ぜながらふんわり固まるまで。

半熟のトロトロがおススメです。

f:id:hiyoriya-azu:20170912215243j:plain

ホテルシェフのスクランブルエッグ

 

口どけのよい高加水パン。

食べるたびに「ん~美味しい!」と独り言。

 

さて、前夜にパンを仕込まねば。