高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

高加水パン ~ 友人のお土産に

東京に出かける用があり、3年ぶりに友人のAさんに東京駅で会いました。

一年中工事中の東京駅、待ち合わせはベタですが、銀の鈴

10:08着ですぐ待ち合わせ場所に。

無事、会うことができました。

 

Facebookで時々様子を互いに知っていたからか3年ぶりという気がしません。

SNSの効用ですね。

 

そこで「高加水パン」のことを知ったAさんが「食べてみたい」とオーダーしてくれました。上京する2日前だったこともあり、直接渡すことになった次第。

(パンを送ると送料が高くつく気がして気が引けます)

f:id:hiyoriya-azu:20171009234202j:plain

粉400gの1.5斤。

 

この高加水パンは時間とスケジュールの関係で、自宅のガスオーブンで焼けず、妹の電気オーブンで焼いたもの。(妹と東京に出かけました)

 

うまくいくか心配でしたが、なんとか焼けました。やはり焼き色はガスにかないませんし、上下はうまく焼き色がつくのに横がつかない…

そこはAさんに説明して、了承していただきました。

 

1時間ほどいろいろ話して、帰ってさっそく食べる、といってました。

 

数時間後、感想が届きました。

 

…もっちもちパン、美味し~い。薄めに切り、バターをたっぷりつけてハチミツ香の牛乳チーズとフランス田舎の山羊チーズに、東京駅でサラダとももハム をあわせて昼食中です。

重量がある分、食べごたえがある。ほのかな甘さがあとを引く…だから私には禁断のパン。

マヨネーズであえた卵、レタス、きゅうり、照り焼きチキンのサンドウィッチ、

レタス、オニオン、サーモン、薄切り梨のサンドもいい

を明日の楽しみにします。

たぶんパンを冷凍する必要はなさそうです。

ほんと美味しい!

 とうれしいお知らせをいただきました。

 

私には、およびつかない食材の組み合わせ(梨のスライスとか)にびっくり!したり。

 

彼女は料理教室を開いたり、焼き菓子を作って販売していたことがある人です。今は、フランス語や英語の翻訳をしている人。多彩です。

 

チーズは丁度お取り寄せしたばかりだといっていました。おいしそう。

 

いろいろと意見は参考になります。

食べ方もいろいろですよね。

 

次はちゃんとガスオーブンの高加水パンをお届けしたいと思います。

f:id:hiyoriya-azu:20171009234440j:plain

(パンというよりお餅のような、発酵中の生地)

 

ご訪問ありがとうございます。