高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

高加水パン ~ 山形パンの感想

先日、高加水パンの試食をお願いした友人のYさん。

 

4人の子どもたちがいます。

以下が送られてきた感想、抜粋。

 

長男のS君、もう二十歳になったんですね~。

f:id:hiyoriya-azu:20171025234136j:plain

 

美味しかったですよ~

S(くん)が味に敏感で「砂糖を入れたような甘さが無くて、喉に引っかからなくてすーっと入る」って言ってました。

他の家族は「おいしい}でしたが、Uちゃん(高校1年生)が、目を丸くして「これHが作ったの?すんごいおいしい!」と言ってました。

私は「初めて食べた味」って感じがしました。食感も味も、今までの粉っぽいのとは全く違うので、一瞬、食べ方これでいいのかな?って心配になったくらい・・・どう食べるかによってまたどんなふうに変化するのか、楽しみです。

 

 

子どもたちが美味しい、と言ってくれるのはとびきりウレシイ!

口どけの良さも伝わったみたいです。

 

この時のパン、覚書に書き忘れていましたが、中硬水を使っています。

何が違うって、生地のまとまり具合が、全く違うのです。

最初、水の量か粉の量を測り間違えたかしら、と思ったほどです。

f:id:hiyoriya-azu:20171018203255j:plain

中硬水を使った生地

水でこうも違いが出るとは思いませんでした。

 

また、試してみます。

 

ご訪問ありがとうございます。