高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」開業日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開く予定。その様子を綴ります

高加水パン ~ 甘酒入り高加水パン、Mさんの感想とリンゴ

生甘酒を甘味にした高加水パンを焼きました。

 

f:id:hiyoriya-azu:20171218222458j:plain

 

甘酒が入ったためか焼きたてはエッジが効いたパンになりました。

クラストは型から出すとカリカリのバリンバリン!!でびっくりするくらい。

焼き色もいつもより濃い目。

 

 

 

甘酒高加水パン

スーパーカメリア 500g

水 (80%+)  400g

甘酒 大さじ3

塩 小さじ2(8g)

ドライイースト 2g

 

2次発酵に今まで時間がかかり過ぎていた(5~6時間、もっとかかったことも)ので、冬場のストーブをうまく使い3~4時間程度でできるようにしました。

発酵器、買う予定ですが来年にしたい(改装後)ので。

 

 

色白美人な表情になりました。

 

f:id:hiyoriya-azu:20171218222510j:plain

 

いつもパンを試食してもらっているMさん。

 

すごいもっちり、

甘酒の香りがする、

「ごはん」みたい、

普段のおかずに合いそう、

水分も多く含んで、2次発酵の伸びが生かされている、

トーストすると香ばしく塩味が気にならない、

 

 

塩味が今までで一番際立っています。

塩の量はむしろ少な目なのに、甘酒効果?

次回、検証してみます。

 

パンおたくを自称するMさんの観察眼はすごいな~といつも感心してしまいます。

いろんなパンを食べて知っています。

もちろん美味しいパンを作っています。

 

f:id:hiyoriya-azu:20171218224322j:plain

気に入って切り方が輪切り。ほとんど捨てるところがない

 

そのMさんからリンゴいただきました。

あの「奇跡のリンゴ」の木村さんゆかりのリンゴです。

薄切りにして置いて1時間以上たっても酸化することがありません。

美しい色が損なわれないのです!スゴイ!!

もちろん、とっても美味しい。