高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」ブログ

55歳、一念発起して高加水パンと発酵をいかしたスイーツや食のお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

小暑のメニュー レタスのスープ、バナナシフォンケーキ、パイナップルのマフィン、黄粉と胡麻ピーナツバターのグラノーラなど

小暑(しょうしょ)から大暑の間は暑気と呼ばれ、

この期間に「暑中見舞い」を出します。

 

梅雨でムシムシする時期にサッパリとしたメニューをご用意しました。

 

f:id:hiyoriya-azu:20190721182217j:plain

パイナップルのマフィンは生地のなかにもたっぷりと練りこみ、

コンポートしたパイナップルのシロップを焼きたてにたっぷりかけて

風味を加えています。

しっとりとしてほのかな酸味もプラスした夏のマフィンです。

 

 

パンプレートは、

「レモンカードとチョコレートのチャバタ」。

サンドパンのチャバタですが、

半分に開いて、片方には甘酸っぱくサッパリとしたレモンカード、

もう半分にはカカオ70%チョコレートをのせて。

 

f:id:hiyoriya-azu:20190721182035j:plain

 

シフォンケーキは熟れたバナナをたっぷりと加えました。

 

 

スープは旬のレタスをスープにしました。

オイスターソースと塩麹ですっきりと。

ポーチドエッグを落としています。

スープにするとレタスもたっぷりといただけます。

 

 

 

f:id:hiyoriya-azu:20190721182211j:plain

 

黄粉と胡麻をたっぷり加えたグラノーラ

アガペーシロップで甘みをつけました。

ピーナツバターのコクが食べごたえのあるグラノーラにしています。