高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」開業日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開く予定。その様子を綴ります

高加水パン ~ 温度を変えて

急遽、妹にパンを持参することになり、水の温度が30℃で1次発酵させました。

(いつもは10℃以下で発酵させている)

 

粉 カメリア 400g

水 320g  (生地温度 21℃)

甘味 メイプルシロップ 大さじ1

塩  8g

ドライイースト 小さじ 1/4

 

1次発酵時間 5時間

2次発酵 1.5時間

 

生地温度が高いと早い!

 

f:id:hiyoriya-azu:20180118210243j:plain

右が温度の高い「高加水パン」。左はいつもの

 

表情も違います。

気泡の大きさと艶が違います。

高温は白くきめが細かい。

 

モチッとした食感、妹は好みのよう。

「これもいいね、時々これにして」

だそうです。

 

口どけはよし。

水分量は80%以上はいつもの高加水パンと同じ。

 

半日でできるパンをつくったのは久しぶり。