高加水パンと発酵スイーツの店「日和やのだいどころ」つれづれ日誌

55歳、一念発起して発酵した食をいかしたお店を開きました。開業日誌改め営業日誌となりました。

日々あれこれ ~ ベーグルつくりを見る

休日。

宅配のお弁当やさんをしている知人に里芋の親芋を差し入れ、おからのグラノーラと黒豆の味噌を持っていきました。思いがけず1時間ほども話し込んでしまいました。

 

図書館に本の返却、また借りて。

 

パンの試食をいつもお願いしているMさんのところへ。

 

ちょうどベーグルを焼いているところでした。

自家製酵母が元種、冬は発酵がゆっくり、といってました。

 

ベリー、ごま、チーズ、プレーンと4種類30個。

 

f:id:hiyoriya-azu:20180119215428j:plain

 

フライパンにきび砂糖、そこへ湯通し、熱々の天板におき200℃で15分。

 

美味しそうなベーグルが次々に出来上がります。

 

焼きたてを美味しいコーヒーとさっそくいただきました。

もっちりのど越しもよく美味。

 

通常のベーグルよりも水分量を多くしているそうです。

以前、ベーグルの専門店を共同でやっていたこともあるそう、手際よくささっと。

1日100個以上焼いたこともあるとか。

 

f:id:hiyoriya-azu:20180119220818j:plain

 

袋いりでお土産にいただきました。

 

このベーグルは以前私が作ったもの。

ツヤも形も野暮ったいですね~^^

 

f:id:hiyoriya-azu:20180119220031j:plain

 

Mさんの作っているところをみたら、ちょっと作ってみたくなりました。